加齢や腸内環境によって内的要因の口臭が起こります。

歳を重ねるとカラダ全体乾燥して、肌だけでなく、唾液分泌も少なくなるので、口の中が乾きやすく臭いやすくなってしっまいます。
また、自分の口臭をオナラや便に近い臭いがするときは、腸内環境の悪化が原因になっている可能性が高いということです。
腸内の悪玉菌が増えて汚れている状態だと、アンモニアなど強烈なガスが発生し、悪臭がします。
特に、便秘がちだとカラダの中に腐敗物質を溜め込んで、口臭発生にもつながります。